からだの会日誌 karadanokai nisshi

からだとこころの調和を図り、感受する力を取り戻す目的で始めました。身体を知り、自分を知るための試みの活動です。

2019/7/1,8,10開催! シュリニヴァス先生のヴェーダーンタ&サットサンガのお知らせ

日々のくらしが楽しくなる! ヨーガのエッセンス
~くらしに活かすためのヴェーダーンタ&サットサンガ~

インドから来日するSrinivas先生とともに、シャーンティ(平安)な時間を過ごしてみませんか? 経験豊富なインド哲学の教え手から学ぶ、ヨーガのエッセンス・ワークショップ。ストレス多い日々の生活を見つめなおし、心の平安を保ちたい方におすすめです。
プログラムは「日常の生き方を変える『ヨーガ・スートラ』入門」&「サットサンで心をみつめる」の二本立てです! すべてのWSには通訳がつきますので、お気軽にご参加ください。

プログラム❶ 日常の生き方を変える「ヨーガ・スートラ」入門(3回講義)

 スートラとは「経典」という意味です。ヨーガとは何か?にお答えするとともに、その先を少し、のぞいてみましょう。今回は、ヨーガの説明・自己と心についての説明である、ヨーガ・スートラの第一章を読みすすめます。
シュリニヴァス先生の講義は、日常生活に即したたとえ話や神話のお話がふんだんに取り入れられ、初心者にも解り易く、また笑いの絶えないユーモアにあふれたクラスです。本で読むだけでは難解に感じられるかもしれないインドの哲学の世界に、足を踏み入れてみましょう。
 初めての人もどうぞ安心してご参加ください。3回続けての受講をおすすめしますが、単発でも問題なく参加いただける構成です。

プログラム❷ サットサンガで心を見つめる

 インドのアシュラム(寺院)で朝に夕に行われる「サットサンガ」。「Sat」は「究極の存在」、「Sanga」は「共に居ること」です。
 善き人々との交わり、賢者と時空間を共にすることを意味します。
 今回は、毎回違ったテーマを取り入れるとともに、瞑想とバジャン(聖歌)を毎回シュリニヴァス先生と行うことで、平安溢れる時間を過ごします。瞑想についても、毎回違うテクニックやアプローチを教えていただきます。
 忙しい心を落ち着けるとともに、今後の日々の生活にも活かせる機会になるでしょう。

サットサンガ① 瞑想/バジャン/ジャパについて/質疑応答
サットサンガ② 瞑想/バジャン/シャンティ・マントラのエッセンス/質疑応答
サットサンガ③ 瞑想/バジャン/心の中でのプージャ(祈りの儀式)のやり方/質疑応答


場所:阿佐ヶ谷地域区民センター(JR中央総武線 阿佐ヶ谷駅徒歩1分)
*詳細はお申し込み時にお伝えします。

時間:7月1日(月) 16時~18時 講義①
           19時~20時30分 サットサンガ①
   7月8日(月) 13時~15時 講義②
           16時~17時30分 サットサンガ②
   7月10日(水) 13時~15時 講義③
           16時~17時30分 サットサンガ③


参加費:
〇講義 1回:2,500円 3回通し:6,000円
〇サットサンガ 一回:2,000円 3回通し:4,500円
〇講義とサットサンガ3日間通し券:1万円


お申し込み:前日までにお申し込みください。
定員25名(申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます)

申し込み先:indigonohana☆gmail.com(☆を@に)/080-1387-1410  (Akiko)


Srinivas Pulluri
シュリニヴァス・プルーリ先生について
ヨーガ、ヴェーダーンタサンスクリット語の伝統的な教え手。インドやタイのシヴァナンダ・アシュラムのTTCやATTC、大学などのほか、世界各地に赴き、ヨーガ哲学、サンスクリット語、バガヴァット・ギーターなどを教える。自らもヴェーダーンタとヨーガ哲学の実践者として名高く、ヨーガ的な生活の送り方やインド哲学の叡智について、子どもから大人まで何千人もの生徒を指導し、導いてきた。難解なサンスクリット語やヨーガ哲学をわかりやすくユーモアを交えて指導する方法に定評がある。オンラインでも世界各地の生徒に講義を行っている。来日しての指導・ワークショップはこれが4回目となるが、熱意あふれる指導にファン多数。

バンガロールのスワミ・ヴィヴェーカーナンダヨーガ研究財団にて学ぶ。
〇Sivananda Yoga Vedanta Center and AshramにてTTC及びATTC修了。
〇Arsha Vidya Gurukuram CombatoreにてPujya Swami Dayananda Saraswatiにより「Vedanta and Sanskrit Residential Course」修了。

ヨーガ哲学実行委員会(Akiko・Minako・Ayaka)

f:id:akikologue:20190606004228j:plain